【山田硝子】オールドグラス「縁繋ぎ」

 24, 2017 15:47


江戸切子は江戸末期から始まった、

日本の伝統硝子細工です。

ガラスに繊細なカット技工を施すことで、

鮮やかな色彩や細かい文様が

美しい硝子細工です。

墨田区で三代に渡り江戸切子を

作り続けている「山田硝子」さんの

江戸切子がとても素晴らしいですよ。



【山田硝子】オールドグラス「縁繋ぎ」。

「細菊玉繋ぎ紋」がフルカット施された

江戸切子のオールドグラスです。

カラーは2種類、

琥珀纏/瑠璃と琥珀纏/グリーンです。



左が琥珀纏/瑠璃。

右が琥珀纏/グリーン。



サイズは高さ90mm、Φ80mm。

手に馴染むサイズです。



江戸切子の中でも、

特に細かくカット数の多い「菊繋ぎ」。

山田硝子では、さらに細い線だけで

菊繋ぎを施したオリジナルアレンジの

「細菊玉繋ぎ紋」がフルに施されています。

素人目にも凄い感じが一目瞭然。



上部の青から、底の方に行くつれ琥珀色になっていく、

美しいグラデーション。

ため息物ですね。



上からのぞくと万華鏡のようなキラキラ感です。

宝石をグラスにしたらこうなりました!という感じです。

飲んでも楽しめて、見ても楽しめる、

リッチな気分に浸れるグラスです。

【山田硝子】オールドグラス「縁繋ぎ」

スポンサーリンク

COMMENT 0

WHAT'S NEW?