298 UNICREDIT PAVILION PROJECT(298 ディレクターズチェア)MICHELE DE LUCCHI (ミケーレ・デ・ルッキ)Cassina(カッシーナ)

 21, 2017 13:24
298.jpg

イタリアの建築家兼プロダクトデザイナーの

ミケーレ・デ・ルッキ。

ポストモダンの代表として

一世を風靡した人物として有名です。

イタリアの多様な分野の職人との

垣根を越えた作品作りが特徴です。

298 UNICREDIT PAVILION PROJECT。

2015年、ミラノにあるウニクレーディト銀行の

多目的ホールのために作られた

ディレクターズチェアです。

張地は4色から選択可能です。

アイスグレー×ネイビー

オリーブ×ティールブルー

グリーン×レッド

ネイビー×ブラウン

298 (1)

ディレクターズチェアというと

大抵金属が主流ですね。

まさかフレームが木製のディレクターズチェアとは!

とても珍しいデザインですね。

自然の木の幹のように凹凸を付けた

ニュアンスが木肌の美しさを

際立たせていますね。

木の滑らかな曲線と優しい木肌が

良い感じですね。

背と座面はポリウレタンフォーム。

沈みすぎず固すぎずな座り心地。

心地良い反発と包み込む優しい感触は

夢心地の気分になります。

ディレクターズチェアの良いところは

折り畳めること。

使わない時は畳んで収納出来るのが良いですね。

ディレクターズチェアというとスポーティーな

デザインが主流ですが、

298 UNICREDIT PAVILION PROJECTは

書斎にもしっくりくる、

いわば文学の香りのするチェア。

ハイクオリティーのディレクターズチェアを

お探しの方にピッタリですよ。

298 UNICREDIT PAVILION PROJECT(298 ディレクターズチェア)MICHELE DE LUCCHI (ミケーレ・デ・ルッキ)Cassina(カッシーナ)
icon

スポンサーリンク

COMMENT 0

WHAT'S NEW?