269 MEX(メックス ローテーブル)PIERO LISSONI(ピエロ・リッソーニ)Cassina(カッシーナ)

 16, 2016 15:03
4900006302374gy.jpg

イタリアの家具、照明デザイナー

ピエロ・リッソーニ。

彼のデザインの哲学は

「用途や目的の為に

デザインするのではなく

人類の為にデザインする」という事。

時代に左右されない

モダンなデザインが特徴です。

269mex_butsu01_1dy.jpg

269 MEX。

透明感のあるガラスのみで

格子状に構成されたローテーブルです。

269mex_butsu02_3oi.jpg

用途に応じて3つのタイプをブロックのように

組み合わせて使う事も出来ます。

何処までも拡張できるガラステーブルは

画期的なデザインですね。

269mex_butsu03_Ldf.jpg

普通、ガラス天板の脚部は

曲線を生かした金属系ですが、

これは直線のガラス板。

まさに直線使いのピエロ・リッソーニの

真骨頂というべきローテーブルです。

脚部を直線の仕切りガラスに

することでガラスの美しさを

余すことなく惹き出していますね。

オールガラスで作られた

ガラステーブルは凄く珍しいです。

オールガラスの良い点は、

天板の瑞々しい透明感と潤いが

清らかで清潔感を演出してくれるところ。

マイナス点は空間に硬さと冷たい印象を

与えてしまいます。

しかし、このローテーブルは間に空間があり、

物を置けるので

オブジェを間に飾ることで

表情がいくらでも変化可能なんです。

季節や雰囲気によって様々に対応できる

ガラスのローテーブルです。

269 MEX(メックス ローテーブル)PIERO LISSONI(ピエロ・リッソーニ)Cassina(カッシーナ)
icon

スポンサーリンク

COMMENT 0

WHAT'S NEW?