Photo Gallery



1899年に、東京の硝子食器販売業として創業した、

廣田硝子。

日本国内で初めてシリモレしない画期的なしょうゆ差し、

「すり口のしょうゆ差し」を開発した凄いメーカーです。

江戸切子・江戸硝子という

昔からの東京のガラス食器の技術を活かしつつ、

世の中に広く受け入れられる商品づくりを信念とする

ガラスメーカーです。



【廣田硝子】復刻醤油差し・小。

使い勝手のよさと可愛らしい形がレトロな

復刻版の国産醤油差しです。

形は3種類丸、四角、八角から選べます。

素材:ソーダ硝子

サイズ:高さ約6.4cm×横約5cm×奥行約5cm

化粧箱サイズ:高さ約10cm×横約5.8cm×奥行約5.8cm

本体重量:127g

生産国:日本



醤油瓶の形は当時の作り方の

「圧迫成型」でつくられています。

小粒でも、醤油がこぼれず吸い込みのよい角度と形、

微妙に浮かせながらも

しっかり止まる磨りガラスの蓋の形状は、

「押し形成型」という当時の技法です。

製造方法も当時のやり方で作られているので、

まさに究極の復刻醤油差しですね。



醤油が垂れないのが一番の売りですが、

今流行の昭和レトロのデザインが良いですね。

ガラスの艶々した質感と程良く手に馴染む重さは

実用使いに最適。

食卓にちょこんとした可愛らしさをプラスですね。

【廣田硝子】復刻醤油差し・小

WHAT'S NEW?