Photo Gallery

410cab.jpg

イタリアの建築家でもありデザイナー、

マリオ・ベリーニ。

コンパッソ・ドーロ(黄金のコンパス賞)受賞8回の

記録を持つ実力者です。

ある意味、イタリアデザイン界の首領ともいえる存在。

革新的な新しいイタリア家具を提案しています。

410cab (1)

410 CABキャブ カウンターチェア。

1977年の発表、50万脚以上売れ続けている

キャブチェア。

名作 「CAB」シリーズのカウンターチェアです。

通常のCABチェアと同じくカラーは16色展開で、

高さは2種類から選べます。

サイズ W550 × D510 × H1000( SH680)、W550 × D510 × H1120( SH810)。

410cab (2)

内部のフレームは大量生産可能な

スチール製の武骨なもの。

そこにサドルステッチで仕上げた上質な

なめし革を被せています。

ちなみにサドルステッチとは

革製の馬具に用いられる方法で、

手作業でないと出来ない

高度な縫い方です。

革をフレームへの固定は

脚部と座面の裏側にある

ジッパーで革を固定しています。

カウンターチェア、とうとう出ましたね。

よく高級ホテルでCABシリーズのチェアが

使われているのを見ます。

使うほどに革の味のある変化はもちろん、

汚れてもササッと拭けばいいので

お手入れがしやすいからかも。

高級感バッチリなので

バーラウンジなど

極上の空間に良く合いますよ。

410 CAB(キャブ カウンターチェア)MARIO BELLINI(マリオ・ベリーニ)Cassina(カッシーナ)
icon
1051-014-JW_2.jpg

ソニーの新規事業創出プログラム

“Seed Acceleration Program”から生まれた

好きな時に柄が変わる腕時計です。

FES Watch U シルバー。

文字盤とベルトを自分好みのスタイルに

変えることができる腕時計です。

1051-014-JW_2_detail.jpg

文字盤とベルトが電子ペーパーで出来ており、

ボタンを操作することで、

文字盤とベルトの柄を自由に変えられます。

デザインは24通りのバリエーション。

2015年度グッドデザイン賞を受賞。

1051-014-JW_3_detail.jpg

専用のスマートフォンアプリ「FES Closet」を使えば、

好みの柄を追加したり、

オリジナルの柄を作成できます。

(店の方に許可得て撮影)
DSCN3601e.jpg

MoMAでは入り口にドーンと

この腕時計がアピールされていました。

そういえば今回のMoMAは

腕時計に力が入っていましたね。

DSCN3597j.jpg

実際にスマホと一緒に展示してありました。

DSCN3600zu.jpg

柄の一例ですね。

この他にも旅先の風景や家族、ペット、自身の作品など

オリジナルデザインが出来るそうです。

DSCN3598jt.jpg

こんな感じにデザイン出来てしまうとのこと。

カラーの再現率はけっこうそのまんまです。

なんか凄い!未来ですね。

DSCN3599hu.jpg

FES Watch U プレミアムブラックです。

ブラックでカッコいいですね。

こちらはMoMA限定パターンをプレゼントだそうです。

DSCN3602s.jpg

ケースに入って展示してもありました。

時計はフラットなフォルムで

とても軽いです。

今の流行のデザインという感じですね。

その時のファッションや気分によって

好きにデザイン出来るので

飽きる事がない時計だと思います。

もうちょっとカラフルにデザイン出来たら

いいなと思います。

FES Watch(フェスウォッチ) U シルバー Fashion Entertainments, 2017 SONY(ソニー)
icon

WHAT'S NEW?