Photo Gallery

22698353_detail_01.jpg
イギリスを代表する

インテリアデザイナー

テレンス・コンラン。

時代を超えて人々に受け入れられる

ライフスタイルをデザインする

というのがコンセプトです。

BALANCE CONSOLE。

「日常生活に楽しさを」という発想から

誕生したTHE CONRAN SHOPで

大ヒットのバランスシリーズの飾り棚です。

種類ははBLACK、WALNUT、OAKの

3種類から選べます。

22698353_main.jpg

BLACK。

アッシュ材。

アッシュ材の特徴は材質が堅く、

建材にも使われます。

木目が美しいです。

22698278_main.jpg

WALNUT。

ウォルナット材。

ウォルナット材の特徴は重厚感のある木目と

落ち着いた色合いが気品を備えた木材です。

「家具材のロールスロイス」とも呼ばれています。

22698261_main.jpg

OAK。

オーク材。

オーク材は床やウイスキーの樽として

使われる堅い木材。

木目が美しく時を重ねるごとに

変化する風合いが楽しめる

木材です。

22698353_detail_02.jpg

木目の優しい感じは北欧系家具とも

相性も良さそうですね。

和室にも洋風にもどちらにも

使えそうです。

BALANCE CONSOLE BLACK (バランス コンソール ブラック)Terence Conran(テレンス・コンラン)
2220039010400010 (1)

日本の若手ファッションデザイナーの蓮井茜が

2009年に立ち上げたブランド、

AKANE UTSUNOMIYA 。

有力セレクトショップや百貨店の

「最もクリエーティブなデザイナーランキング」の

レディスブランド部門で常に上位にランキングする

高評価のブランドです。

ヴィジュアルを最も重点に置いたデザインは

柔らかいムードと挑戦的なセンスがあり、

上質な雰囲気があります。

AKANE UTSUNOMIYA (アカネ ウツノミヤ)- ファークッションカバー。

キーチャーム付のクッションです。

ブランドが定番として使用している

マテリアルをキーチャームとして

アクセントとしました。

カラーはグレーとミントグリーンの2種類。

トップはグレー。

2220039010300010.jpg

サイズは45×45cm。

素材はフェイクファー。

アクセントのキーチャームは赤と水色。

2220039010400010.jpg

ミントグリーン。

2220039010400010 (2)

サイズは45×45cm。

素材はフェイクファー。

アクセントのキーチャームは黄色と緑色。

最近のCassinaはどこか挑戦的です。

今まではあまり日本の若手デザイナーとの

コラボはしない印象でしたが、

若手発掘に力を入れだしたようです。

新しい風を感じますね。

AKANE UTSUNOMIYA (アカネ ウツノミヤ)- ファークッションカバー 蓮井茜(Akane Hasui)
icon
675maralunga_scene11_L.jpg

イタリアの建築家、デザイナー.の

ヴィコ・マジストレッティ。

プラスチックをいち早くデザインに

取り入れた人物です。

コンパッソ・ドーロ賞も2度受賞、

ケルン国際家具見本市での最優秀賞の受賞など

多数の栄冠を手にしています。

10002975x.gif

675-3PW MARALUNGAマラルンガソファ 3人掛ワイド。

1973年デザインの不朽の名作ともいわれる

マラルンガソファです。

MoMAの永久コレクションに選ばれています。

675maralunga_scene08_7.jpg

1973年はソファというと木枠が主流だったのを

当時初めて、内部にモールドウレタンフォームを使った

革新的ソファです。

モールドウレタンフォームの特徴は

柔軟に座る人を包み込んでくれる

雲のような座り心地が特徴です。

背もたれの部分を動かせる構造の

可動式ソファで、

動かす際は目立つ機械音がせず、

とてもになめらかに無段階調節が可能です。

675maralunga_scene14_11sdf.jpg

Cassinaの店員の方曰く 、

「Cassinaでは後にも先にも一番売れたソファは

MARALUNGAですね。」とのこと。

成功者のステータスともいうべきソファがこれです。

675-3PW MARALUNGA(マラルンガソファ 3人掛ワイド)VICO MAGISTRETTI (ヴィコ・マジストレッティ)Cassina contemporary(カッシーナ コンテンポラリーコレクション)
icon
DSCN4843za.jpg

コンラッド東京の和食レストラン

「風花」のランチでお寿司を食べてきました。

11時30分からのコースなので

いそいそと早めに到着です。

DSCN4867h.jpg

コンラッド東京も既にクリスマスツリーが

飾ってありました。

オーナメントは透明なガラス細工で

繊細な美しさです。

ツリーを見ると心がワクワクしますね。

DSCN4877c.jpg

28Fにエレベーターで移動しました。

和食レストラン「風花」は28Fにあります。

ここにもクリスマスツリーを発見。

ツリーの下は薪が置いてあって

周りに赤のポインセチア。

コンラッド東京のホテル内の

クリスマスツリーはそれぞれ凝っていて、

同じデザインのものがないので

見ていて楽しいです。

DSCN4896et.jpg

バー&ラウンジ トゥエンティエイトの

横にあるのが和食レストラン「風花」で

更にその奥が名店「チャイナブルー」です。

DSCN4888s.jpg

和食レストラン「風花」です。

入り口からは着物姿の店員の方が

案内して下さいます。

DSCN4898cf.jpg

和食なので屏風などがあって

和の佇まいですね。

DSCN4910nn.jpg

紅殻格子色のカラーがとても綺麗です。

DSCN4909ji.jpg

店名の「風花」の意味は

「晴天時に雪が風に舞うようにちらちら降る」ことから

店内のカラーは「白」を基調とした

清廉な純白です。

雪景色の中に居るような

幻想的な気分になります。

DSCN4904xx.jpg

カウンター席に案内されてしまいました!

それもどうも早い時間帯なので

客は私一人だけのようです。

さて、どうしたものか緊張してきました…。

とりあえずランチのスタートです。

DSCN4912cc.jpg

先附の豚肉と青菜のお浸しです。

優しい風味のお出汁のお浸しです。

DSCN4916gg.jpg

お寿司の具材です。

穴子の何やら香ばしい香りがしているので、

緊張感が少々ほぐれてきました。

食欲が緊張感を抑えつつあるようです。

DSCN4918ss.jpg

細切りしてあるイカです。

既に醤油が塗ってあるので

そのまま食べてOKとのこと。

イカの臭みもなくさらっとしていました。

DSCN4921kk.jpg

ヒラメです。

DSCN4923hy.jpg

サヨリの昆布〆です。

昆布の風味が良いですね。

DSCN4926lo.jpg

貝類の青柳です。

DSCN4928qq.jpg

マグロの赤身です。

職人の方が優しく話しかけて下さるので

緊張感が解けてしまいました。

地下アイドルのお話が楽しかったです。

DSCN4932ww.jpg

金目鯛の炭火の炙りです。

DSCN4936gt.jpg

巻物は「梅、カッパ、かんぴょう、御新香」から

好きな具を選べます。

御新香を選びました。

細かく包丁でシャシャシャと

目の前で見事な手さばきで

仕上げで下さいました。

DSCN4938yu.jpg

旬の海鮮小丼です。

アナゴ、鯛、マグロ、イクラがてんこ盛り。

先ほどの穴子の焼く良い香りは

これだったんですね。

贅沢なお味で大満足。

全体の分量は握りと小丼を合わせて

お茶碗二杯半程とのこと。

ランチには丁度良い量ですね。

DSCN4948ii.jpg

デザートはカウンター席か、

窓際のスーパーシートを選択できます。

カウンターはもう精神が持たないので、

スーパーシートを選びました。

DSCN4954tt.jpg

流石28Fは眺めが素晴らしいですね。

浜離宮に海、夏にはここから花火が見えるそうです。

DSCN4953ww.jpg

水菓子です。

メロンと苺と林檎です。

お茶に合う甘ーいフルーツです。

洗練された空間と最高のお寿司に

なにより、サービスの方々がこちらに

とても気を使って下さってありがたかったです。

とても素敵な時間を過ごせて、

リフレッシュすることが出来ました。

コンラッド東京 和食レストラン 「風花」で鮨ランチ

WHAT'S NEW?