Photo Gallery

resize_image (21)

日本のプロダクトデザイナー

Kazushige Miyake。

IFデザイン賞、グッドデザイン賞など

評価の高い方です。

NEC、日立製作所、±0など

多くの企業の製品デザインを手掛けていて

無駄を削ぎ落とした

シンプルで判り易いデザインが

「今」という感じです。

945-003-SD_3.jpg

MoMA Date デジタルカレンダー。

月毎に2099年まで表示できる

コンパクトなデジタルカレンダーです。

掛け置き兼用単4乾電池1本付(モニター電池) 。

(店の方に許可得て撮影)
1q無題カレンダ

MoMAではホワイト物の

シンプルなデザインコーナーに

展示されていました。

MONDO+MoMAシリーズという

企画の製品のようです。

サイズは手に乗るほどの

小さめのデジタルカレンダーですが

凄く見易いです。

数字がはっきり表示されていて

今日の日付が枠で囲まれているので

すぐ読み取れます。

時計付きなのも嬉しいですね。

物凄くシンプルで飽きないデザイン。

流行に関係なく2099年まで

使えます。 

紙のカレンダーとは違い

めくらないで良いのでエコで楽。

これは結構重要です!

よりエコを目指すなら電池は

エネループをお勧めします。

MoMA Date デジタルカレンダー
5525411300200110.jpg

1889年創業のスウェーデンで

最初に工業化されたラグ工場

KASTHALL。

伝統を守りつつデザイナーや建築家との

コラボも積極的なメーカーです。

KASTHALL - カスタール MOSS スモールラグ。

モフモフのウールが魅惑的な

パイルラグです。

5525411300200110 (1)

ホワイト。

ニュージーランド産のウールは

白いのが特徴。

雲のような感じですね。

どんなインテリアでも相性が良さそうです。

5525411300200110 (2)

ベージュ。

羊っぽさ溢れていますね。

ナチュラルな雰囲気のインテリア向きかな。

5525411300200110 (3)

オレンジ。

赤をベースにしたグリーンとオレンジ。

今の時期らしい秋色です。

パーソナルチェアと組み合わせると

知的な奥深さが出ますね。

5525411300200110 (4)

ブルー。

格調高い雰囲気で

落ち着きのある色合いですね。

ガーリーなインテリアに

合わせても面白いかも。

ラグはニュージーランド産の

ウールを使用。

このウールは繊維が白くて太く、

摩耗に強くて丈夫。

ウールの利点はホコリが出難く

静電気が起こり難いとのこと。

扱い易そうですね。

長さや太さの異なる繊維で

構成されているので

立体感がありゴージャスな雰囲気。

お部屋のアクセントとして

大活躍です。

KASTHALL - カスタール MOSS スモールラグKASTHALL(カスタール)
icon
4900005359140s.jpg

カッシーナの店の方に

聞いた話なんですが、

実はカッシーナで断然人気なのが

クッションだそうです。

チェアかな?と思っていたので

驚きました。

確かにカッシーナのクッションは

発色や織りが丁寧な造り。

上質な家具の雰囲気を壊さず

より魅力を惹き出してくれるんですよね。

イクスシーオリジナル - ファブリッククッション。

カッシーナオリジナルの

フェザーのファブリッククッションです。

フェザーは羽軸を持っているので

とても弾力があるのが特徴です。

クッションにピッタリ。

4900005359140q.jpg

イエローグリーン。

ピスタチオのようなカラーです。

上品な雰囲気。

4900005359140t.jpg

オレンジ。

果実の橙のようでオータムです。

s4900005359140

ボルドー。

赤ワインですね。

紫蘇のような味わい深さがあります。

着物を思わせる生地の織りが

表情がありますね。

和の空間とも合いそうです。

クッションに迷った時は

カッシーナなら成功率高しです。

イクスシーオリジナル - ファブリッククッションCASSINA IXC. Ltd.(カッシーナ・イクスシー)
icon
006-110060-HA_3.jpg

アートディレクターの

マウリッツィオ・カテランと

写真家のピエルパオロ・フェラーリらにより

超現実主義的に写真で表現した

新世代雑誌「Toilet Paper」。

2012年にニューヨークタイムス誌が選ぶ

雑誌トップ10に選ばれましたほどの

実力のある雑誌。

Maurizio Cattelan:ミラー M Crow。

ヒッチコック の鳥を思い出してしまう

ミラーです。

(店の方に許可得て撮影)
かがみ1無題

MoMAでは写真誌トイレットペーパーと

セレッティのコラボのグッズコーナーが

出来ていました。

まさにブラックユーモアなものばかり。

でも品があるんですよね、

下品ではなくて。

ハイセンスな雰囲気が

カッコイイです。

かがむい2無題

オレンジの枠が額縁のような感じです。

使う人を巻きこんでこそ完成する

アート作品のようなミラーです。

鳥も人もそこに居るかのようなリアルさが

ちょと怖くもあり、面白くもあります。

どうも最近のMoMAは

ルネ・マグリットのグッズといい

シュールなアートがお好みのようですね。

Maurizio Cattelan:ミラー,M Crow

WHAT'S NEW?