Photo Gallery

914vi20125003-img01.jpg

アメリカの20世紀のアイコンとなる

デザインを生み出したデザイナー、

アーヴィン・ハーパー。

ジョージ・ネルソンの

ネルソンオフィスのデザインディレクターを

務めた方です。

ハーマンミラー社のロゴマークをデザインや

代表作の「ボールクロック」、「マシュマロソファ」など

名作を生み出した人物です。

特徴的な形を単純化したデザインは

印象に深く残ります。

914vi20125003.jpg

Ball Clock。

1949年にデザインされて以来、

今も多くのファンを持つ

デザイン時計定番の元祖です。

サイズ 直径330mm

メカニック部分はドイツ最大の時計メーカー、

ユンハンス社製。

914vi20125003-img02.jpg

立体感のあるフォルムが印象的で、

おもちゃみたいな楽しい感じが良いですね。

可愛らしくてPOPなデザインですが、

子供過ぎず遊び過ぎない

印象があります。

ロッド先端のボール部分の材質が木なので、

落ち着きのある雰囲気が

出てる為なのかも。

アート作品やポスターのように

壁を飾るように配置すると

お部屋の魅力がUPしますね。

Vitra( ヴィトラ )「 Ball Clock ( ボール クロック )」マルチカラー【送料無料】【P01】【flash】
すなどけい1

1921年イタリアのヴェネツィアングラスの生産地、

ヴェネツィアのムラーノ島で設立された

ガラスブランド、

VENINI。

イタリア大使館のグラスや

北京オリンピックでの贈答品に採用されるなど

世界的評価の高いブランドです。

020-116936-HA_3.jpg

CLESSIDRE 砂時計 ブルー。

VENINI社で発表以来、

50年以上もベストセラーの

イタリア製の砂時計です。

この砂時計は手作りの吹きガラスで

丁寧に作られています。

色違いの2つのガラスをガラス職人、

マエストロならでは高度な技により

仕上げた一品です。

(店の方に許可得て撮影)
DSCN9901s.jpg

一目見てこれは美術館収蔵品だ!と思いました。

ブルーとグレーのコントラストが

品のあるオーラを放っていて、

砂時計というより宝石のような

雰囲気があります。

DSCN9902d.jpg

ガラスのピュアな透明感についつい、

うっとり…。

空の青さ、海の青さを連想させる

ライトブルーです。

グレーのガラスは落ち着きのある感じ。

ブルーとグレーは地球の空と大地ですね。

哲学的なカラーです。

DSCN9903c.jpg

パーツのカラーが異なる砂時計とは

珍しいデザインですが、

どちらを上にしたかわかり易いですね。

カラーの境目の繋ぎ目も

とても綺麗な仕上がりです。

砂は繊細な表情があります。

砂時計の美しさを追求した、

大らかなフォルムと色鮮やかな配色は

見事としか言いようがありません。

ゆるやかに流れ落ちる時の砂に

魅了されました。

CLESSIDRE 砂時計 ブルー
2ASDL01-R0000110.jpeg

ポーランド系アメリカ人の建築家、

ダニエル・リベスキンド。

幾何学を用いた斬新なオブジェを思わせる

建築が特徴です。

角度や鋭角を配置した

大胆でクールなデザインが素敵です。

2ASDL01-R0000110.jpg

ALESSI - TIME MAZE ウォールクロック。

彼の建築スタイルを

そのまま時計にしてしまった

コンテンポラリーなウォールクロックです。

本体の素材もまさに建築です。

レッドはエキポシ塗装のスチール製、

針は黒でエキポシ塗装のアルミ製。

建物の鉄筋の梁みたいですね。

このコンテンポラリーの時計の

時間を判別する方法は、

赤いライン上の円形にの小さな穴で

時刻がわかるとのこと。

正確な時を見るというより

数学的なモダンなアートとして

知的空間に良いかも。

ALESSI - TIME MAZE ウォールクロック(DL01 R) Daniel Libeskind(ダニエル・リベスキンド)ALESSI(アレッシィ)
icon
020-116538-HA_3.jpg

MoMA レインボー ファン クロック。

色調が異なる12枚のブレードが

虹のように寒色から暖色への移り変わる

スペクトルを表現している時計です。

(店の方に許可得て撮影)
DSCN9979c.jpg

レインボーカラーは

最近のMoMAの代名詞的存在ですね。

傘、グラスにお箸などなど

MoMAはレインボーカラーに

力を入れているようです。

そしてこの時計も可愛い虹の時計。

隣のアニュアル レインボー ウォールクロックと

合わせて、

MoMAには2つ虹の時計があるんですね。

DSCN9980f.jpg

いつものはっきりとしたカラーの

レインボーではなく、

光スペクトルの波調を連想させる

優しい色合いです。

遠くからでも目立つカラフルさなので

時間がわかりやすいです。

横浜の観覧車、コスモクロック風で

綺麗ですね。

MoMA レインボー ファン クロック
resize_image (54)

ソニーの新規事業創出プログラム

“Seed Acceleration Program”から生まれた

好きな時に柄が変わる腕時計です。

FES Watch。

文字盤とベルトが電子ペーパーで出来ており、

ボタンを操作することで、

文字盤とベルトの柄を自由に変えられます。

デザインは24通りのバリエーション。

2015年度グッドデザイン賞を受賞。

(店の方に許可得て撮影)
DSCN9921c.jpg

MoMAでは時計コーナーの

別格のケースに展示してありました。

特別待遇の扱いです。

DSCN9922b.jpg

新素材の電子ペーパーで

手軽にデザインを変えることが

出来る時計とのことです。

左の文字盤は白ですが、

右のように黒に出来るそうです。

ファッションや気分に合わせて

変化させられる時計とは未来ですね。

DSCN9923v.jpg

時計自身は結構しっかりとした造りです。

ケースに入っていたので

実際はわかりませんが、

印象としては軽そうです。

デザインを変えられるので

飽きのこない時計です。

欲を言えばカラフルさが欲しいかな。

FES Watch(フェスウォッチ)Fashion Entertainments x TAKT PROJECT SONY(ソニー)
icon

WHAT'S NEW?