Photo Gallery

180blox_scene02_L.jpg

ドイツの2人組のデザイナー、

マルクス・イエスとユルゲン・ラウブ。

2人が立ち上げたデザインユニットが

MARKUS JEHS+JURGEN LAUB 。

家具や照明などのプロダクトデザインを中心に、

カッシーナ社を始めとした数多くのメーカーとの

コラボをおこなっています。

メルセデス・ベンツのショールームのコンセプトに携わるなど、

様々な商業施設の内装、空間デザインにおいても

その才能を発揮し、幅広い分野で活躍しています。

180blox_butsu01_2.jpg

180 BLOX。

真っ直ぐなラインが美しいオーク材の

ローテーブルです。

サイズは2種類、W1000 × D800 × H305とW1300 × D600 × H305。

脚端にアジャスター付き。

180blox_butsu03_3.jpg

ワイドなW1300 × D600 × H305です。

180blox_scene01_1.jpg

デザイナーの2人組はドイツ出身との事。

実直で剛健なデザインのローテーブルは

まさにドイツのイメージ!

材質はオーク材。

オーク材は古代からつかわれてきた木材です。

木肌が美しくて耐水性、耐久性高いので

船舶やウイスキー樽、

昔は戦艦の材料に使用されていました。

一見重量感があるので

部屋の模様替えで手こずりそう…と思いますが、

脚部にアジャスターが付いているので

移動も簡単です。

色はダークウェンゲ色。

重厚感のある色合いなので

レザー系のソファとの相性抜群です。

高さがソファの座面より低めに設定してあるので

ソファと合わせやすいですね。

そして何より真っ直ぐなラインの構成なので

他の家具の雰囲気を壊さない効果があります。

全体のバランスを取り易いローテーブルといえますね。

180 BLOX(ブロックス ローテーブル)MARKUS JEHS+JURGEN LAUB (マルクス・イエス+ユルゲン・ラウブ)Cassina(カッシーナ)
icon
020-123671-SD_2.jpg

MoMAでは最新2018年カレンダーが色々登場していますね。

ピックアップしたのでよかったら参考にして下さい。

では見て行きましょう!

クリムト ミニカレンダー 2018 Edizioni Allaluna。

Gustav Klimt(グスタフ・クリムト)の12種の作品が描かれた

2018年壁掛けカレンダー。

クリムト ミニカレンダー 2018 Edizioni Allaluna
icon

020-123679-SD_2.jpg

Stendig オーバーサイズ カレンダー 2018 Massimo Vignelli。

1966年にMassimo Vignelli(マッシモ・ヴィネッリ)によってデザインされ、

同年MoMAのパーマネントコレクションに加わったカレンダー。

50年以上たった今も60年代グラフィックデザインの好例として

世界中で愛され続けています。

Stendig オーバーサイズ カレンダー 2018 Massimo Vignelli
icon


020-718-SD_2.jpg

MoMA 月齢 カレンダー 2018 Irwin Glusker。

月の変化する様子が一面にデザインされた、

MoMAの定番カレンダーです。

MoMA 月齢 カレンダー 2018 Irwin Glusker
icon

1070-123685-SD_2.jpg

フランク・ロイド・ライト カレンダー 2018。

20世紀を代表する建築家の巨匠、

Frank Lloyd Wright(フランク・ロイド・ライト)の

偉大な作品の壁掛けカレンダー。

フランク・ロイド・ライト カレンダー 2018
icon

020-123661-SD_2.jpg

カンディンスキー カレンダー 2018。

Vasily Kandinsky(ワシリー・カンディンスキー)の

12種の作品が描かれた2018年壁掛けカレンダー。

カンディンスキー カレンダー 2018
icon

020-123670-SD_2.jpg

ゴッホ ミニカレンダー 2018 Edizioni Allaluna。

Vincent van Gogh(フィンセント・ファン・ゴッホ)の

象徴的な12種の作品が描かれた2018年壁掛けカレンダー。

ゴッホ ミニカレンダー 2018 Edizioni Allaluna
icon

870-085-SD_2.jpg

カレンダー2018スモール マグリット。

Rene Magritte(ルネ・マグリット)のアートが毎月楽しめる

ミニサイズの2018年カレンダー。

上半分には絵画がすっきりと収められ、

下半分はシンプルなカレンダーになっており、

予定を書き込むスペースが十分にあるので

実用性にも優れています。

数ヶ国語で書かれた月や曜日の表記が、インポートならではです。

カレンダー2018スモール マグリット
icon

1045-123687-SD_2.jpg

Flowersカレンダー2018。

フラワーベースに12種類の花がセットされているカレンダーです。

当月の花を回転させて持ち上げて使います。

Flowersカレンダー2018
icon

1045-123686-SD_1_detail.jpg

Safariカレンダー2018。

のりやハサミなどを使わずに、簡単に組み立てることができる

ペーパークラフトカレンダーです。

動物のかたちをした 2カ月表記のカレンダーになります。

Safariカレンダー2018
icon

020-29006-SD_2.jpg

MoMA ジャンピングポイントカレンダー 2018 Michael Domberger。

カレンダーのドットを毎日開けていくことで

虹が作られるカレンダー。

1年たったら美しい虹が出来上がります。

MoMA ジャンピングポイントカレンダー 2018 Michael Domberger
icon

020-125148-SD_2.jpg

MoMA ポケットカレンダー 2018

「Apollo 11 Mission(アポロ計画)」の写真作品をフィーチャーした、

バッグに入るコンパクトサイズの1ポケットカレンダー。

週間ベースのカレンダーとアドレス帳ページで構成し、

裏表紙の内側にポケットが付いています。

ゴムのバンドで閉じることができるのも便利。

MoMA ポケットカレンダー 2018
icon

1045-088-SD_2.jpg

Moleskine マンスリーダイアリー2018 ソフトカバー ブラック ポケット。

見開き1ヶ月。カレンダーのようなブロック型で、

ひと目で月間の予定をチェックできるので、

1ヶ月単位で予定を管理したい方に適したレイアウトです。

各月ごとに横罫ページがあるので、メモスペースも充実。

厚さ約1cmと薄くて軽く、更にコンパクトなポケットサイズなので、

持ち運びに便利です。

各国都市の時差や、飛行機の滞空時間表など、

旅行中にも便利な情報が掲載されています。

Moleskine マンスリーダイアリー2018 ソフトカバー ブラック ポケット
icon

多種多様のアートなカレンダーから実用的なものまで

様々ありますね。

紹介したのはほんの一例なので、

MoMAのサイトでチェックしてみて下さい。

個人的には「Apollo 11 Mission(アポロ計画)」の

写真作品をフィーチャーした、

月のポケットカレンダー が気になりますね。

2018年最新 MoMAカレンダー  
icon
DSCN2984w5.jpg

グランドハイアット東京のフレンチキッチンで

ランチブッフェを食べてきましたのでレポートします。

フルオープンタイプのキッチンだそうです。

楽しみですね。

ワクワクしながらグランドハイアット東京に到着しました。

DSCN2996bo.jpg

凄く可愛い林檎のオブジェです。

DSCN3095t.jpg

これは…!なんとも存在感のあるオブジェですね。

感性を刺激してきます。

DSCN3097br.jpg

フレンチキッチンは2階です。

エレベーターもしくは階段から行くことが出来ます。

DSCN3085i.jpg

ブラックを基調とした落ち着きのある雰囲気が素敵です。

DSCN3091w2.jpg

南フランスをイメージしたテラス席です。

夜にはバーベキュー料理が楽しめるそうです。

DSCN30007.jpg

席に案内していただきました。

南フランスをイメージした内装は

品のあるゆったりとした大人な雰囲気。

さぁ、ランチブッフェを堪能します!

DSCN3064f4.jpg

サラダステーションです。

鮮度抜群のシャキシャキサニーレタスが豪快です。

DSCN3065n7.jpg

トッピングの種類も豊富。

サラダは女性に大人気のコーナーですね。

DSCN3021fe.jpg

コールドステーション。

ここはハムやチーズなどのコーナーです。

DSCN3024a.jpg

チーズは好みに自分で切り分けるタイプです。

DSCN3026t.jpg

サーモンのマリネなど。

DSCN3025h.jpg

野菜系の冷製スープです。

これはスタッフの方が器に取って下さいます。

DSCN3036ra.jpg

カービングステーション。

焼きもの系のコーナーです。

上の写真は大鍋のパエリアです。

DSCN3050f.jpg

ホットステーション。

シチューなどの煮込み系のコーナーです。

フランス製の鋳物ホーロー鍋のストウブを使った

お料理です。

サラミと野菜のペペロンチーノや牛ひき肉とポテトの重ね焼き、

イワシのグリル、なすフレッシュトマトソース、白身魚のフライです。

DSCN3053y.jpg

フライドポテトや豚肩ロースのグリルなどです。

DSCN30025.jpg

デザートステーションです。

いちごのフロマージュブランとエクレアです。

DSCN3006t.jpg

チェリータルト。

DSCN3010ft.jpg
DSCN3012fi.jpg

ベリー系をふんだんに使ったフルーツポンチです。

DSCN3017g5.jpg

ジェラートコーナーです。

チョコ系のトッピングも用意されています。

DSCN30194.jpg

マンゴーシャーベット、バニラアイスクリームなどです。

DSCN3027er.jpg

色々盛り合わせてきました。

なんと言ってもピカイチは冷製スープとパンが

とんでもなく絶品です!

パンはここで焼いているのかな?

豊かな小麦のふんわりとした芳醇な風味が

美味いです。

もっちもっちです。

DSCN3040we.jpg

特製ローストチキンとパエリアです。

ローストチキンはスタッフの方が切り分けて下さいます。

ランチブッフェでは珍しいローストチキン。

クリスマスなイメージがありますね。

柔らかな食感であっさりとしたお味です。

DSCN3029se.jpg

ここの冷製スープは素晴らしい美味さです!

アスパラかな?野菜の滋養が身体に沁みる…。

3杯もおかわりしました。

DSCN3055so.jpg

サラミと野菜のペペロンチーノ、子羊のシチュー、

白身魚のフライ タルタルソール、ラタトゥイユなどです。

フランスの食堂の雰囲気です。

DSCN3067sp.jpg

ここのデザートは恐ろしく美味いです。

何かの賞を取った方が作っているそうです。

ある意味デザートを目的に来てもいい程。

ここのデザートは幸せな気分になれますよ。

DSCN3075jo.jpg

ケーキは一見無難な感じを装っていますが、

食べるとチョコレートや果実の

風味が奥深いのでビックリします。

DSCN3081pe.jpg

料理はフランスの家庭料理という感じです。

全ての料理に手作り感があって

ホッとした気持ちになりました。

なによりデザート‼これに尽きます。

女性客のみならず男性客も多くて

とても混んでいて大盛況です。

接客の方はとても優しくてフォーマルなので安心できます。

お皿をすぐに下げてくれたり、

かといって過剰な感じではなくて

よい距離間のある行き届いたサービスでした。

グランド ハイアット 東京 フレンチ キッチン 【平日限定】選べる1ドリンク付!前菜やメイン、デザートも!約50種ランチブッフェを堪能


デンマークの創業100年を超える歴史的家具メーカー、

CARL HANSEN & SON。

ハンスJ.ウェグナーのYチェアをなど

デンマークを代表するデザイナーの名作を

製作している家具メーカーです。



CH24 SEAT CUSHION。

ハンスJ.ウェグナーの名作Yチェア、CH24用に開発された

天然革張りのクッションです。

両面使用可能。

カラーは3種類、ブラック、ダークブラウン、ゴールデンブラウン。

(サイズ) W49x39㎝



ブラック



ダークブラウン



ゴールデンブラウン

Yチェアの為に作られたクッションなので、

座面にきちんと収まるよう前脚、および後脚に合わせて

各コーナーを加工してあります。

Yチェアのフォルムの美しさを壊すことなく

惹きたてていますね。

レザーというとお手入れが面倒ですが、

このレザークッションには表面加工してあるため、

お手入れがとても簡単です。

何より、クッションがあれば座面のペーパーコードの

汚れ防止にも役立ってくれるので重宝しますね。

クッションのカラーを変化させるだけで

Yチェアの表情が変化するのも魅力的。

インテリアや季節によって使い分けるのに良いですね。

CH24 SEAT CUSHION (CH24 シートクッション) CARL HANSEN & SON(カール・ハンセン&サン)
2ASBM01000000110.jpeg

イタリアの大人気ハウスウェアメーカー

ALESSI。

プロユースのお洒落なデザインの

キッチンツールを手掛けるメーカーです。

日本でもポップなデザインの

キッチンツールが人気です。

2ASBM01000000110.jpg

ALESSI - BARK CENTREPIECE。

”Bark(樹皮)”という名を持つ

コンテナーやセンターピースとしても使える

ステンレス製のトレイです。

(サイズ) 約 幅 51.5 cm × 奥行 19.5 cm × 高さ 5 cm

ベルギー出身の2人の建築家によるALESSIデビュー作です。

2人はデザインを絵画や彫刻などで

活動もしているだけあり、

BARK CENTREPIECEは近代アート風のデザインですね。

デザインはイタリアのトスカーナ地方の自然から

インスピレーションを受けてとのこと。

自然と調和するデザインだそうです。

木肌をそのまま持って来たような

雷文模様がナチュラルですね。

影とか美しそうです。

広いプレートのように平面部分がとられているので、

バスケットみたいにおやつや果物を

沢山乗せるのに重宝しますね。

ALESSI - BARK CENTREPIECE (バルク センターピース)(BM01) Michel Boucquillon and Donia Maaoui ALESSI(アレッシィ)
icon

WHAT'S NEW?